2019年2月27日水曜日

退屈で幸せな時間を

春になると、なんだか不安や、花粉で目がジョボジョボしたり、
喉の奥が痒くなったりします。

とにかく新しい風が吹く頃は
なんだか、気持ちが落ち着かないです。

でも、新しい風が吹くからこそ、
古い空気を入れ替えないとという気持ちにもなります。

聴く音楽を変えてもみるのもいいですし。

落ち着かない陽気の季節は、空想に浸りながら過ごすのもいいです。

少し落ち着いたら、花が咲き始めた様子を見に行ったり
太陽の光が白くなっているのを見に行ったり、できるといいです。

春がもうそこまできているモヤモヤした気持ちの日に、
退屈なスッキリした時間を過ごしたいときは、Komëit が思い浮かびます。

幸せな時間のお供にいかかでしょうか。

I Can Tell / Komëit

record shop Andy

こんにちは。
とっても久しぶりの投稿になりますが私は元気です。

先日、鼻の奥がむずむずするなあと思っていたら目の前に
「あれ、梅の花。」
と、なんだか心の中にぽっと。花が咲いたかのように
暖かな気持ちで1日が始まりました。

日曜日、名古屋大須のrecord shop Andy さまにてインストアライブを行いました。

ライブのセットリストはこちらです。

・第一部
アクリル絵の具のメッセージ
グラスアーケードの島
しろいみなと
赤い眼のうさぎ
真夏の淵に立つ少女へ
声の小さな女の子
海の向こう

・第二部
Holy moon(仮)
Snow fairies
The story of seashells(仮)
朝舟は出る
おしゃべりしたくなる
朝の窓辺のキッチン
太陽に向かって

会場にお越しいただいたみなさんありがとうございます。
そして、共演のDJの皆さまみんな大好きな曲を次々に流してくれました。
興奮混じりの気持ちが湧きつつ、ライブへの緊張は自然と落ち着いていき、
安心して歌うことができました。

ちょっと実験的な部分が多かったかもしれませんが、
インストアライブでしか表現できない、ゆるく自然体な演奏ができたと思っています。

私は、何も予定のない退屈な休日が心地良いと思っています。
それは、多分、私にとって究極の幸せなんだと。
そう感じています。
だから、音楽でも出来るだけ退屈に、浮き沈みの少ない、単調な波打ちのように、
ただ空気に漂っているような、溶け込んでいるような、
そんな音楽をずっと目指しています。

なるべく耳に残らないように。
その空間に邪魔にならないものになるように。
そのひとときを、そのまま受容するよな優しい歌を。
願わくば、そのまま夢の中に連れて行ってくれるものであれば、
本望だと思っいます。

まだ理想には届いていないことも多くありますが、
そんな音楽を叶えたいと思いながら、作り続けていきます。

Galaxy Train が発行するジンPaper Train vol.2を会場でいただきました。
レンゲのこれまでについて、簡単なインタビューに答えています。
また、私自身も手に取るまで知らなかったのですが、
楽曲について多くの方々からコメントをいただきました。
とても暖かな内容で感激し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
なんとなく、始まっているのか終わっているのかわからないような音楽を6年間続けていましたが、
こうして大切に聴いてくださっている方を大切に思いながら
新しい歌を作っていきたいです。

ありがとうございました。






2018年12月11日火曜日

音楽を聴ける日々が幸せ


こんにちは。
もう早いもので12月に突入しました。
平成最後にこんな素敵な音楽に巡り会うことができました。
Dylan mondegreen。

中でもA Place In The Sunは
音楽を夢中に聴き続けていた10代の頃
音楽に頼り寄り添っていた20代の暮らしを
思い返させられるような懐かしいサウンドでした。

音楽制作に明け暮れた20代後半の日々を包み

今までの暮らし全てを受容してくれるような楽曲でした。

とても、なんだか、希望的です。




2018年12月5日水曜日

音楽と暮らし


先日、新音源TOGETHER FOREVER IN LOVE(TAPE)を作成しました。
大好きな漫画家のコマツシンヤさんにジャケットデザインをお願いし、
素敵な青いカセットテープになりました。

オリジナル曲 「新しい風」
Wallflower「Only In My Dreams」
It's A Musical「The Music Makes Me Sick」
Pascal Pinon「I Wrote A Song」のカバーを収録した全4曲入りです。

bandcampより視聴可能です。
https://masamisachi.bandcamp.com/album/together-forever-in-love



音楽は、夢は絶えません。

音楽が暮らしの一部であることが私の幸せだからです。
とても小さな夢で、そんな小さな希望しかないと思うとさみしい人間かもしれませんが
音楽が希望であれば私は永遠に夢の中にいれるような気がします。

これからもずっと音楽に寄り添いながら、
のんびり暮らしていきたいと思います。





7月のレモン 新作カセットテープ発売


こんにちは。
ご連絡が少し遅くなってしまいましたが、
2018年11月16日に無事新作カセットテープ/7月のレモン
をリリースすることができました。
時間がかかってしまいましたが
やっと発表することができて嬉しいです。

早速通販で買っていただいた方はありがとうございます。

ご購入は、各店舗でもできますので
お近くのレコード店にお立ち寄りの際は
どうぞお手にとって見てみてください。



—お取り扱い店—

file-under records/名古屋
record shop andy/名古屋
ジャンゴレコード/奈良
sone records/浜松
fastcut records/大阪
ディスクブルーベリー/東京

—renge通販—

http://rengerecord.theshop.jp/items/14609059



また、12月16日日曜日には、発売を記念して
奈良のジャンゴレコードさんでインストアライブを行います。
入場は無料ですので、気軽にふらりと立ち寄って見ていただけると幸いです。

そして、年をまたぎ来年1月5日土曜日には名古屋のKDハポンにて
Galaxy trainレーベルリリースイベントで演奏します。

ご予約は私(renge.ssk@live.jp)か主催関係者へご連絡いただきますよう
どうぞよろしくおねがいします。


まだまだこれから発信できることが出てくるかと思いますが、
引き続きお見守りよろしくおねがいします。

根気強く、冬を乗り越えたいと思っています。



2018年10月24日水曜日

Natalie Evans


もう気が付けば、秋も深まり朝は肌寒く感じます。

金木犀の香りが鼻をくすぐると外に出かけたくなり
先の予定も一度忘れてぼんやりしてしまいそうです。

引っ越してきて初めての秋に、新しい出会いは金木犀の香り。
庭からの贈り物みたいでなんだか嬉しくなりました。
もう橙色の花は散ってしまいましたが、
また来年、楽しみに待っていたいと思います。

それから新作の状況ですが、
やっとジャケット製作に取り掛かることができました。
予定より少し遅くなりますが、11月には発表できると思います。
気長に待っていていただけたら幸いです。


期待を抱きつつ、夢見心地なこんな日には、
秋の朝によく合う音楽を聴きたいです。
ひんやりした風が部屋に入り込み、白い光がキラリと差し込む朝には、Natalie Evansを。
ぜひみなさんにも、秋の日差しを受けながら聴いていただけたら。

Natalie Evansもまた、秋口の新しい出会いです。
いつか、だいぶ前の話になりますが、
私は元múmのKristín Annaの囁くような歌声に憧れて
歌ってみたいという気持ちになりました。
ソロ名義でもあるKría Brekkanもここで何度か紹介しています。
ふと、そのことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。
Natalie Evansを聴くと、Kristínの歌声のような
あどけないさと、つたなさが伝わってきます。
優しさに包まれる感覚と、心が潤うような癒しを感じられます。

また、Gregory and the Hawkにも近いものを感じ、
可憐なメロディを描く楽曲が多いです。
ときめきをくすぐって希望の兆しが背中を押してくれるような感覚になります。

加えて、ピアノやハープを奏でる曲では美しさが際立ってJoanna newsomのような
空間の広がりを感じられる開放感を味わえます。
素朴さと共に、風や空気を肌で触れているかのような広がる響きには
時間を忘れてしまいそうになります。
なんだか空をふわふわ漂っているような幸せな感覚になります。

Natalie Evans 涼しくなった季節におすすめの音楽です。





2018年9月13日木曜日

新音源”7月のレモン”MV公開


今年の秋リリース予定の7曲入りカセットテープ音源「7月のレモン」
収録曲のうち2曲を公開しました。
「7月のレモン」MVを制作してくれたのはMasami Tsuchiyaさん。
夏の日差しいっぱいの作品になっていますので
是非お求めいただけたら幸いです。

レコーディングは今年5月から開始し、
制作期間は約4カ月半、ただ今パッケージ制作中です。
発売は10月中の予定です。

涼しくなった頃に、こっそり
夏の日差しを思い出せるアイテムになるといいな。

7月のレモン

アクリル絵具のメッセージ
「7月のレモン」
Aside
1.アクリル絵具のメッセージ
2.真夏の淵に立つ少女へ
3.声の小さな女の子

Bside
4.流れて行くだけの世界
5.海を見にゆこうよ
6.庭のあの子
7.7月のレモン